うつ病と向き合うこと

うつ病や生活と向き合う日常や考えについて書いていきます。

17.拒食になってしまった

      2015/11/25

ある日の突然の出来事だった。
私は食べたものを吐いてしまうことが多かった。
なんだか身体が食べ物を受け付けないみたいに…。
気持ち悪くなってしまい最終的には自分で指を入れて吐くのだ。

私にとって「吐く」という行為は「病的」で止まらなくなるからあまりしない。
というかほとんどない。
一度食あたりで吐いてしまった過去があるがそれも結局は2~3時間吐きっぱなしだった。
だからいくらお酒を飲んでも吐くという行為はしなかった。

なのに、突然吐いてしまう。
それはその日だけではなく何日か続くそんな日々。

ご飯だけではない。
薬も吐いた。
いつからか、何のストレスかわからないけれど私は毎日吐き続けた。
それは決まって毎晩だ。

できれば薬は吐きたくない。
私の命綱のようなものだから。

そんなときは決まって悪いことは続くんだ。

休職をしてから何度食器を割ってしまったのだろう。
わざとじゃない。
すり抜けるんだ。体力のない私の手元から。

お気に入りのコップを落としてしまったとき、
割れてしまった瞬間を私はひたすら撮り続けた。

なぜか美しかったんだ。その光景が。

でも同じように粉々になってしまいたい。
そう思っていた。

その日を境に少しずつ食事は喉を通るようになり
吐くことも減った。

 - そーちゃんさんの記事