うつ病と向き合うこと

うつ病や生活と向き合う日常や考えについて書いていきます。

27.人に慣れること

   

この2か月、私はいわゆる「ひきこもり」状態になった。
それは意図的ではなくて仕事も関係している。

病気が発症してから3か月ほどは親友や友達と会ったり、
誰かに会わないとだめな人間だった。
寂しさや孤独を感じ、仕事も少なかったため心に空いた隙間も
多かった。

でも10月ごろからは引きこもり状態になった。
いい意味では仕事が増えたからでもある。

週に10本は最低執筆。別の案件で10記事の依頼など
今では週に最低13本と増えるようになった。

その分家で執筆する時間が増えた。

もちろん家にいることは楽だ。

だけどそれを繰り返しているうちに人に会うことが
以前よりも怖くなってしまった。

だから週1回カフェで執筆をするようにしている。
大して混むこともないが、ランチタイムの時間は少し人が多い。
そこで時々発作の前兆がでるようになってしまった。

よくいくカフェであるのになぜか仕事をしているのに発作が起きそうに
なってしまう。
特に店員さんとは仲がいいわけではない場所。
だけれども家から5分くらいのその場所は私は気に入って愛用している。

そうしていつからか人ごみに弱くなってしまった。

夜でも眠らない街に住んでいる人込みの多い街に住むと決めたのは私だ。

いつか、人込みを克服しようと思ったことがある。
だけれども今は逆に人込みにはだんだん弱くなってしまう。

それはやっぱり慣れなのか。
この病気でも克服できるのか。

 - そーちゃんさんの記事