うつ病と向き合うこと

うつ病や生活と向き合う日常や考えについて書いていきます。

毎年のパソコン絵画展

      2015/09/16

毎年パソコン絵画の展覧会があります。

ゴールド会員になっていて毎年パソコンで絵を描いて出すのです。
私の相棒はwacom Intuos Pro large Lサイズ PTH-851/K0
A4のタブレットなのでとても使いやすいです。

写真を撮ってきてパソコン水彩で絵を描いて写真用の髪に印刷してマット入りの額縁にいれて提出します。

1週間デパートのギャラリーに飾られます。

私の絵は人と変わっているらしく一味もふた味も違うと言われます。

素敵な絵がたくさんある中でもやはり自分の書いた絵がいちばんいいですね。

つい見入ってしまいます。

本当はオンラインでもギャラリーをやっていてそれも提出しなければならないのですが仕事が忙しかったり具合が悪かったりでなかなか書けないでいます。

以前は毎月出していたギャラリーなのですが、最近は見る気もあまりなくなってしまっています。

平均の生徒さんはなんと80才ぐらいの人が多いのでびっくりです。

80才の人がパソコンを立ち上げてソフトを使って絵を描いて保存してメモリーも使うなんて信じられないと思いませんか。

覚えるのはおそいけれども何回も聞いて覚えたら簡単にやってのけてしまう
そのパワーはすごいです。

みなさん個展をやったり講師になったりととても忙しそうです。

私もこんな病気にならなかったらやっていたかもしれません。

とはいっても病気になる前にできなかったのは子宮筋腫で毎月の出血がすごいからなんですけどね。1週間は外へでられない日々がつづきます。

もうすぐ更年期であがってしまうのでそれをひたすら待っているのです。
先生には子宮ごととっちゃえばと言われているんですけどね。

わたしもあがったら講師のこと考えようかなと思っています。
体験教室の先生はやったことがあります。
とても楽しかった思い出です。

 - mii-chanさんの記事